トップページ > LPガスについて > 商品説明(ガスコンロ)
ガスコンロ
2008年10月からガスコンロの全口に安全センサー(Siセンサー)が搭載され、安全性が格段に向上しました。
 
  「Siセンサーコンロ」には次のような安全装置が付いています。
・調理油過熱防止装置(鍋底の異常な過熱を検知し自動消火)

揚げ物調理時やお鍋の空焚きなど、鍋底の異常な過熱を感知し、自動消火します。

・立ち消え安全装置(万一立ち消えしても安全)

煮こぼれや風などで知らない間に火が消えても、炎の熱を感知し、自動的にガスを止めます。

・コンロ・グリル消し忘れ消火機能(うっかり消し忘れても安全)

コンロ・グリルとも一定時間で自動消火して、うっかり消し 忘れを防止します。

・早切れ防止機能(自動で温度調節)
 強火の炒め物調理も不自由なくできるようにしています。
・油温度調整機能(天ぷら油の温度を自動調節)
 強火・弱火を繰り返しながら天ぷら油火災を防ぎます。
・早切れ防止機能(自動で温度調節)
 強火の炒め物調理も不自由なくできるようにしています。
 省エネバーナー

新型の省エネバーナーは炎が無駄なく鍋底に集中するため、効率よく調理できます。しかもキッチンまわりの熱も抑えられ熱くなりません。

 水なし直火焼きグリル

従来はグリルの発火防止のためグリルの受け皿に水を入れていましたが、新型のグリルは水なしの直火焼きとなっています。