トップページ > LPガスについて > ガスの知識(正しい使い方)
正しい使い方
正しく使って安全・安心・快適LPガス ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないで下さい。
1.ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
2.LPガスを使っているときは、その場を離れないでください。
・天ぷら油を加熱しすぎると油に火がつくことがあります。風や煮こぼれで火が消えることもあります。
・立消え安全装置、調理油過熱防止装置やコンロ消し忘れ消火機能など安全装置付きの「Siセンサー付き」コンロをお薦めします。
3.換気扇や時々窓を開けるなどして外気を取り入れ十分な換気を行ってください。
・青い炎で燃焼するようにして下さい。赤い炎が出ている時は、不完全燃焼をしています。
4.LPガスをお使いになるときはガス栓を全開にしてください。
5.外出する時や就寝前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
6.使用していないガス栓には、必ずゴムキャップを付けてください。
7.長期間留守になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
8.小型湯沸器は長時間使用しないでください。換気不足となることがあります。
9.自然換気式のふろがまを使用するときは、換気扇を使用しないでください。排出ガスが逆流して、一酸化炭素中毒を起こすことがあります。
10.排気管が壊れていたり、排出口が鳥の巣などで塞がっていないか・・点検しましょう。
11.古いゴム管は、約1年毎に新しいものに交換してください。
12.ゴム管は不要に長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないてください。
13.ゴム管はガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
14.配管やガス栓を電気器具のアースの代わりに使用しないでください。